人生を変える3日目:「パートナーシップ」の質を高める

目標:良好な人間関係を築くための「6つの基本」を理解し、自分の恋愛やパートナーシップの質を高め、「一番大切な人たち」との精神的絆を強める。

共に喜びを分かち合う人がいなければ、成功しても意味がない。実際、私たちが最も切望する人間らしい優しさに満ちた感情とは、他の人たちと「魂のレベル」でつながり合えたと思った時に感じられるものだろう。今日の課題に行く前に、簡単に復讐してみる。あらゆる人間関係に欠かせない「6つのキーポイント」を。

キーポイント①

親しい関係にある人たちと「価値観」や「ルール」を共有していないと、いつかイヤな思いをすることになる。自分が大切にしているルールをいつもないがしろにされれば、たとえ愛し合っている2人の関係にも混乱やストレスが生じるだろう。他の人との間で起こる混乱は、すべてルールの混乱であり、親しい関係になればなるほど、ルールの衝突は避けがたいものになる。相手のルールを知ることで、このような問題を回避できる。

キーポイント②

人間関係にまつわる最大の問題は、多くの人は「何らかの目的」を持って付き合いを始めるという事実である。たいていの人は、自分を「いい気分」にしてくれる人を見つけようとする。しかし、実は、関係を長続きさせる唯一の方法は、人間関係とはあなたが与える場であり、何かを奪い取る場ではないという理解することだ。

キーポイント③

人間関係には、問題が手に負えなくなる前に、「ただちに問題を解決すべきだ」と伝えくれる警報が組み込まれている。問題がふくれ上がって、二人の関係そのものを脅かすような状態になる前に手を打つとう。以下の記事に4つの局面をまとめたので興味のある人は、一読してみては。☟

結婚から離婚までの4つの心境の流れ。 経験したからこそ納得した。そこから学び次に活かそう

キーポイント④

人生の最優先事項の一つに、「二人の関係を大切にする時間」を組み込む。そうしないと、日々の急ぎの用事を片づけていくことに追われ、二人の関係は二の次になってしまう。そうなると、相手を愛おしく思う感情も情熱も失われていく。誰もがパートナーとの関係から輝きが失われてほしくないと願う。関係がマンネリ化したというだけで、そこから生まれるはずのパワーが失われるような事態は避けたい。そんなことになれば、関係構築がおろそかになり、相手に対する強烈な興奮や情熱の高まりという感覚も麻痺してしまう。

キーポイント⑤

二人の関係を長続きさせるのに不可欠だと思うのは、一日の終わりに、「ああすればよかった、こうすればよかった」と批判的に言い合うのでなく、その日をよりよいものにすることに専念することだ。

もし、いつも「二人の関係は終わるかもしれない」ということばかり考えていると、無意識のうちに関係を壊すようなことをし始める。だから問題が複雑になり過ぎたり、本当につらい結果になったりする前に、そこから抜け出すことだ。

もし関係を長続きさせたいのなら、決して、決して、決して関係を脅かすようなことをしてはならない。言い換えれば、「そんなことをするなら、私は出ていく」などと決して言わないことだ。その言葉を口にするだけで、関係が終わりかねないし、お互いの心に不安を呼び起こす。長く続く関係というのは、どんなに腹が立っても、二人の関係の行く末を心配したり、「別れる」と脅かすようなことを言わないというルールをつくっていた。大切なのは「どういう関係を築いていきたいか」-意識の焦点は、常にそこに合わせておくことだ。

キーポイント⑥

つき合っている相手のどういうところが好きか、毎日、思い出すこと。結ばれているという感覚を高め、親密さや、相手の魅力を当たり前だと思ってはいけない。そのために、いつも自分に繰り返し、こう言い聞かせる。「パートナーと人生を共にすることは、どれほど幸せなことだろう」。その人と人生を共にする特権を自覚し、しっかりとその喜びを感じ、それを常に神経システムに定着させる。お互いに相手を驚かす方法をいつも探そう。さもないと、すべてが習慣化し、その人がいるのが「当たり前」だと思うようになる。二人の関係がロールモデル(理想)だと言われるような特別な瞬間をつくろう。

本日の課題

①今日、大切な人とゆっくり話をして、付き合っていく中で大切だと思っていることを明らかにする。お互いの価値観が満たされていると感じるには、どうすればいいか。

②自分が正しいと主張するより、愛することをが大切と考える。もし、いつでも自分が正しいと主張していると気づいたら、パターンを変える。すぐに自己主張をやめ、もっと精神状態が落ち着いてた時に、争いごとを解決するための話し合いをすること。

③事態が紛糾してきた時、パターンを中断するための共通の方法を編み出そう。それがあれば、どんな腹が立っていても、一瞬の微笑みが混乱を落ち着けてくれる。お互いにやりやすいように、最高に奇抜で面白い方法を考えよう。二人のかすがいになるような、秘密のジョークにしよう。

④抵抗を感じたら、遠回しにそのことを相手に伝える。たとえば、「僕がおかしいのかもしれないけど、そういうことをされると、ちょっとイラっとするんだよね」といった具合だ。

⑤定期的に夜のデートに出かける。できれば週に一回、少なくとも月に2~3回は外出し、交代でロマンティックで楽しいことをして相手を驚かせよう。

⑥毎日、180秒の強烈なキスをしよう!

今日の課題はこれだけだ。すぐに実践してみては?

たゆみなく改善を続けよう。