人生を大きく発展させたいなら

参考にするものが乏しければ、人生に発展性はない。

もし人生を大きく発展・展開させたいなら、

意識して様々な経験、知見、アイデアを求めること。

素晴らしいアイデアが自然に浮かんでくることは滅多にない。

だから、新しい経験や情報などを自ら積極的に獲得していくことだ。

人生に役立つ経験・知見を広げながら、

自分の人生の価値と可能性について、

何か大いなるもの、

偉大なものと対比させてみてほしい。

たとえば、自分の抱えている問題が必要以上に大きく見えてしまうなら、

こう考えてみてはどうだろう。

平気的な人間の一生は、

地球が出来てから現在までを一日にたとえると、

ほんの一瞬にしかならない。

そんな人間の一瞬の一生を、

家のローンに悩む時間や

社会への不満や、

やりたくもない仕事、

他人の機嫌取りをする時間、

そんなことを死ぬほど心配して何になるのだろうか。

”脳に入れる情報”は厳しく選別する

古いコンピューター用語にGIGO(Garbage in ,Garbage out)というのがある。

これは「ゴミを入れれば、ゴミしか出てこない」という意味だ。

つまり、私たちは毎日、新しい情報、アイデア、

コンセプト、経験、感動を仕入れている。

その時、必ず心のドアの前に立って、

自分の人生を豊かにしてくれるものだけが入ってくるように、

あるいは自分の可能性を広げてくれる経験だけを追求するように、

情報を意識して選別する必要がある。

とくに子どもの成長を促す時は、

彼らの将来に役立つ経験・体験ができるような情報に触れさせるよう、

配慮する必要がある。

それと同時に、人生では何に気をつけるべきかを教える必要がある。

日々、耳に触れること・ものが

「人生の質に及ぼす影響」を知る権利と責任があることを忘れてはいけない。