「苦痛」を遠ざけ「快感」にアクセスするには?

ー身動きの取れない苦痛に満ちた人生ー

これを解決するには、非常に単純だ。

「達成可能なルール」を組み込んだ判断システムを構築するだけで、

人生はうまくいくようになる。

それはつまり、簡単にいい気分になれて、

イヤな気分にあまりならず、

自分が行きたい方向へと導いてくれるシステムである。

もちろん、苦痛を与えるようなルールもいくつか入れておくといい。

何事も無制限はよくない。

やる気を起こさせるプレッシャーも必要なのは確かだ。

初心者は、人生でより継続的に快感を得られるように、

少なくとも「心の回路」をつくり直すべきだ。

常に”いい気分”でいる人は、

得てして他人に優しく、

人間としての可能性を最大限に発揮できるものだ。

となると、私たちが目指すべき目標はどのようなものだろうか。

自分の「価値観はこう」と決めたら、

「どんな証拠や根拠」があれば、

満足や喜び、楽しさを感じられるか、

前もって決めておく必要がある。

人生の決定権を自分以外の誰か何かに手渡すことがないよに、

自分の価値観にふさわしく、

十分に達成可能で、

自力で管理・調整できるルールを決めておく。

以下のような考えを「人生で大切にしたいこと」にしている人は、

ストレスでおかしくなっていた。

:自分の愛を勝ち取ったと感じられること。みんなに私の信念をすべて受け入れ、認めてもらいたい。自分が完璧でないと、愛されていると思えない。良妻賢母でなければならない。

健康:厳しい基準に基づいて、完璧な食事をしていること。痛みが一切ないこと。誰よりも健康だと感じられ、人のお手本になること。

安全:みんなが私を好きであること。会う人すべてに「素敵な人」と思われているとが実感できること。核戦争は絶対起こらないと確信できること。今より貯金額をふやすこと。

自由:仕事、時間、給料、意見など自分でコントロールできること。経済的な不安やストレスと無縁で、経済的に十分安定していること。

ストレスでおかしくなった人が、

「人生で大切にしたいこと」はそのままで「ルール」を変えてみた。

:自分が愛を示す時、他の人に愛を与える時、そして自分が愛を受け取る時、いつも愛を感じる。

健康:「今でも十分に素晴らしい気分だ」と感じられる時、私は健康である。

楽しむこと:喜びや楽しみを感じる時、私は楽しんでいる。

感謝:今、自分で手にしているもののよさを知った時、私は感謝の念を持つ。

自由:信念に従って生き、自分の幸福のために選択を行なう時、私は自由だと感じる。

どちらの人生が楽しそうか?

どちらの人生を送りたいか?

「自分の人生で大切にしたいこと」

それを感じるための「ルール」は人それぞれだ。

苦痛を感じることもできるし、

快感につなげることもできる。

そこにいる自分がどうなりたいかが、

一番大切なんだと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中