自分が一番避けたい感情は?何か

人を動かすエンジンは2つ、

「苦痛」か「快楽」。

肝に銘じておくべきは、

「次になにをするか」という判断を下す時、

人間の脳は最初に、その行動が「快感」につながるか、

「苦痛」につながるかを評価するということだ。

あなたの脳は絶えず、物事を処理し、

重要度を計り、

自分の優先順位に基づいて、

どのような代替案があるかを考えている。

例えば、

ジェットコースターが苦手な自分が、

恋人からの誘いを断るか、承諾するか。

ジェットコースターという恐怖か、

恋人に拒絶される苦痛か、

苦痛のレベルが、時と場合によって変わってくる。

自分にとって、何があっても回避したい感情・状態とは?

拒絶

怒り

失望

孤独

憂うつ

屈辱

罪悪感

いずれも、できれば味わいたくない感情ばかりである。

こうした感情は苦痛以上の何ものでもないが、

それでもやはり、どの感情を最も避けたいか、

順位が付けることが必要だ。

あなたは、どの感情をより回避したいと思うだろうか。

拒絶か、

憂うつか、

屈辱か?

この質問に対する答えが、

多くの場合、あなたの行動を決定する。

ならば、回避したい感情に順位をつけておくことは、

自分を理解する上でも、必要だ。

例えば、

屈辱:人から厳しい評価をされそうな状況を避ける

孤独:熱心に人を育て、分け隔てなく人のために何かをする。

   そのことで、「感謝の気持ち」を持つ友人に

   囲まれて過ごすことができる。

自分を見直してみよう。

自分にとって、耐えがたい感情とは、

それをもとに行動していることが分かれば、

人生もっと楽しくなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中