自分の本当の望みから目をそらすな

人生の難しいところは、

多くの人が「目的」と「手段」の違いをはっきりと理解していないために、

いろいろと苦労していることだ。

「手段」にばかり拘泥して、

本当の望み(目的)を叶えられていないことが多い。

「目的」に向かって生きる時代、

人は満足感を覚え、

人生は豊かで、

実り多いものになる。

最大の問題は、

「人生で本当に価値のあるものは何なのか」

がわからないまま、

目標を設定していることだ。

その結果、目標を達成した時、彼らはこう言う。

「たった、これだけ?」

たとえば、

「思いやりを持ち、世の中の役にたつこと」

に最大の価値をおいている女性が、

困っている人たちを助ける弁護士の仕事ぶりに感銘を受け、

自分も弁護士になることにしたとする。

時が経ち、彼女は弁護士事務所のパートナーになりたいと考えた。

そのための努力を重ねるうちに、

彼女の仕事は全く違う方向へと進み始める。

彼女は誰よりも大きな成功を収めたが、

事務所の経営に忙殺されて依頼者と接する機会が少なくなり、

仕事が楽しくなくなった。

同僚との会話も変わり、効率よく仕事をさばくための会議に明け暮れた。

彼女は「目標」を達成したが、

「人生で本当に望んでいたもの」を

手に入れられなかった。

自分は理学療法士として、働いている。

多くの人の役にたてる職業が素晴らしいと思ったから。

勉強もたくさんした。

最低月1回の研修・学会参加。

年に数回の学会発表をノルマを自分に課して。

その内、勉強している自分に満足しだす。

臨床での効果、患者さんとの向き合いかた。

まっすぐ向き合えていたのか、迷うようになる。

自分としてはその時その時で、

まっすぐ向き合っていたつもりだ。

その後、管理職に就き6年が経つ。

管理業務、部下や上司とのやり取りで、

周りの人(ある特定のめんどくさい奴ら)を嫌いになりかける。

自分の目的を見失い、これ以上無理に付き合い、

人を嫌いになっていく自分がイヤで

管理職を降りる。

家庭でも、自分のやれることはやってきたつもりだ。

家事も半分以上行い、話し合い場もたくさんもうけた。

生活費で困らせるようなこともしていない。

それでも、うまく付き合えず、

これ以上、人を嫌いになりたくないと、

先日、離婚した。

もう一度、見直す時間を作る。

あなたも「目的」ではなく、

「手段」を追究するという罠にはまってはいないだろうか。

本当の幸福を手に入れるためには、

目的と手段の違いを知り、

目的を追求することだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中