正直に常に生きられる?自分の意思を貫ける?

3日前の投稿で、

あなたは自身「何を一番に優先されるべきか?」という問いについて、

考える投稿した。

それに続き以下の質問も考えた。

「赤いポルシェに傷をつけた。誰にも見られていない。

 メモを残しますか?残しませんか?」

「もちろん残す」と答える人は、

「正直である」ことに最大の価値を置いている人もいれば、

罪悪感を持ちたくないという人もいるだろう。

メモを残さず立ち去ると、罪悪感に苛まれるから。

逆にメモを残さないと言う人の理由としては、

「以前に何度か私の車に傷をつけられたことがあるが、

 メモなど一度もないから。」と答える人もいる。

「人からされたことと同じことを人にもせよ」

という脳内の参照データがあるのだと思う。

または、「高額な修理費を要求されるから」などだろうか。

「急いでいて、時間がないから」という理由もありそうだ。

あなたは、どれですか?

想像の中でなら、正論を口にできるかもしれません。

しかし、いきなり修理を数十万円支払ってくださいといわれて、

すぐに渡せるだけの、金銭の余裕はありますか?

性格が良くない人なら、いろんなところに文句をつけて、

必要以上に手間をとられる可能もある。

それでも、メモ残せるだけの精神的余裕、請求額に応じる資金力ありますか?

今のあなたに?

私自身もそういう経験がある。

ナンバープレートに少し傷がついてしまった。

その事故で数百円だった。車の修理だけでなく、

精神的なストレスにも金銭が発生する。

弁護士を通して、裁判まで行ったが、

数百万円の請求だった。

警察官に相談しても、過去の事例はない。

保険会社に対応して頂いたので、その件は一旦終わった。

もし保険に加入していなくても、同じ行動がとれるのかどうか?

また、自賠で治療にくる方もいる。

全員がそうではないが、治療をする際、身体の状態を評価するのだが、

特に問題ない人も通い続ける人も中にはいる。

お金が欲しいからって正直に言う人もいる。全員ではないが、、、

いろんな人がいる世の中で、自分の意思を強く持ち、貫くというのは、

簡単ではない。

以前の私なら、「メモを残さない」だっただろう。

関わる時間も嫌だし、修理費もそうだし、何より人とあまり話したくない。

上記の理由って、全部自分の都合だということは、

よくわかる。

最近は、違う考えになっている。

「メモを残し、しっかり謝罪をする」

なぜ、そういう思考になったのか?

開業を考えているということは、最近よく発信している。

自分の中で何かが変わっているのだろう。

開業すると、責任を持つことが増えるし、

社会から認められる存在になることが

重要だとより考えるようになった。

それには、信頼だ。

「今からそれができなければ、到底成功はない。」

そう考えるようになった。

一時逃げてうまくいっても、継続して成功し続けるには、

人としての成長がものすごく重要だ。

いつでも、自分の行動に責任がとれるような、

力と人間としての器を作れなければ、

いけないと考えている。

時に挫折することもあるかもしれない。

しかし、今までの自分よりも少しでも前へ行きたい。

それが今の自分の素直な答えだ。

明日は、以下の質問について考える。

「ボール一杯の生きたゴキブリを食べたら100万円あげると言われたら、

 食べる?食べない?その理由は?」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中