管理職時代に、得た知識「人を動かすのに必要なこと」続き

昨日の続きの投稿

④信念:「自分が人生に何を期待すべきか」がわかる

信念は「ルール」のようなもの。

たとえば、「好きな人に向かって声を荒げる人はいない」という信念を持つ人は、

相手に向かって大声を出すような人を好きにはならない。

自分の場合は、「他人に媚びない。」

「自由に生きる。」という信念、ルールを持っている。

皆さんはどうだろうか?

どのような信念を持つかで、

人生に何を期待するかや、

判断の下し方も左右される。

また、どんな時に苦痛を経験し、

どんな時に快感を経験するかが決定される。

信念・ルールは、あらゆる判断に欠かせない要素である。

⑤参照データ:これまでの「経験値」の集積

これまでの人生で経験してきたことや創造したことなど、

すべて保存されるのが「脳」だ。

「新しいことに挑戦してきた方の脳」と、

「挑戦から逃げてきた方の脳」は、「冒険」についての

考え方が全く異なる。

マスター、達人と呼ばれる人は、

何が成功につながり、

何がフラストレーションを引き起こすか、

という「参照データ」を大量に持つ人だと言える。

参照するべきデータが多ければ多いほど、

達人になれる可能性が高い。

誰にでも、新しいデータを手に入れるチャンスはある。

それが信念を深め、価値観を高め、

新しい問いかけをし、目指す方向へ歩みを進める。

その結果、幸運を引き寄せることができる。

まとめた、5つの要素は、

それぞれの人生で下す価値判断の基準となる。

各々「5つの要素」にわずかな変化を起こすことで、

人生はいくらでも変わる。

今の生き方に満足していなければ、

自分の価値判断基準を見直そう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中