「感情」は身体の動きに連動している

「感情」は身体の動きによってつくられる。

人間の気持ちは、すべて身体の動きによって引き起こされる。

ほんのちょっとした顔の表情や身振りの変化が、

ものの感じ方だけでなく、

考え方や行動の仕方にも影響を与えるようだ。

言い換えれば、「自分の人生をどう評価するか」にも影響してくるのである。

すべての感情は、姿勢、呼吸法、身体の動かし方、

顔の表情といった特定の生理と結びついている。

どういう気持ちの時に、

身体がどういう状態になるかがわかれば、

身体の状態をかえることで、感情のコントロールできるようだ。

人間の顔には、

およそ80の筋肉があるが、

いつも暗く、やる気のない顔をしていると、

筋肉がそのパターンを覚え込み、

ついには、精神状態まで支配するようになる。

生活習慣において、数限りなくある感情の中で、

平均すると10種類前後しかないといわれている。

くたくた

イライラ

頭にくる

不安だ

寂しい

退屈だ

惨め

幸せ

人間の生理活動が、パターン化されているため、

感情表現も貧者になっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中