「お金がない」「時間がない」という言う人は、いつまでたっても、お金がない、時間がない

言葉の使い方を、注意深くチェックした方がいい。

「言い回し」が脳に与えるすごい影響っていうのは、

脳科学的にも、根拠があるようです。

いろんな本で言われていますね。

その言葉を口にすればするほど、潜在意識にその言葉のインプットが完成していく。

無意識にその行動を選択していく。

恐ろしいですね。

私も以前まで、そうでした。

本を読んで知識として知ってはいても、

口にしている時期がありました。

なんで、言わなくなったのか考えると、

やはりアウトプットの量が増えたからだと思います。

皆さんも人生変えたい。

そう思うのであれば、なりたい自分につながりそうな言葉を口にする。

私にはハードルが高かったので、

Twitterほぼ日手帳にアウトプットしまくりました。

個人が特定されるわけでもないので、

取り組みやすかったですね。

夫婦関係においてこんな調査があるようです。

妻や夫に対する否定的な発言が、

肯定的な発言の5倍を超えると、

その夫婦は94%の確率で離婚する。

最初は冗談や謙遜のつもりでも口にしていても、

だんだんと言葉は潜在意識に浸透し、

本当に相手を「ダメだ」「気が利かない」と認識していくようです。

成功したければ、

「自身を奪い去る口ぐせ」徹底的に避けよう。

潜在意識におくのは、

「幸せ」

「嬉しい」

「楽しい」

それらを連想するような言葉のみ。

もし、失敗したり、うまくいかなかったら、

断固として回避する「ネガティブな言葉は」。

「負けてしまった」→「勝てなかった」

「失敗した」→「うまくいかなかった」

「悪い結果だった」→「いい結果にならなかった」

「まずい」→「美味しくない」

コツは、プラスの言葉を使うこと。

それだけ。

口にする言葉は、自分にもそうですが、

周りにも自分のイメージを植えるので、

注意したほうがいい。

ポジティブな言葉選びを

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中