努力と才能の「達成の方程式」

やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける [ アンジェラ・ダックワース ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/1/2時点)楽天で購入

興味のある方は、手にしてみて

目次

一流の人は「当たり前のこと」ばかりしている

自分が「ラク」だから人を神格化する

努力は「二重」に影響する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あっと驚くようなすごい人を見ると「天才だ」と思ってしまう。

その裏にどれほどの努力があるか、

わかっているはずなのに。

私たちの頭のなかは、いったいどうなっているのだろうか?

「才能」に対する無意識の先入観は、

どうしてこうも根深いのだろうか?

一流の人は「当たり前のこと」ばかりしている

ある論文ではこう述べられている。

「最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動を

積み重ねた結果として生み出される。

それは本人が意識的に習得する数々のスキルや、

試行錯誤するなかで見出した方法などが、

周到な訓練によって叩き込まれ、

習慣となり、やがて一体化したものなのだ。

やっていること一つ一つには、

特別なことや超人的なところはなにもないが、

それらを継続的に正しく積み重ねていくことで生じる相乗効果によって、

卓越したレベルに到達できる」

しかし、人は「当たり前のこと」では納得しない。

「一流の人達がやっている当たり前のこと」という論文を書き上げた研究者が、

いくつかの章を同僚に読んでもらったところ、

「なんか地味だよね。もうちょっと面白味がないと、、、」

人は、わけのわからないほど素晴らしいパフォーマンスを目にすると、

お手上げだと言わんばかりに、

「あれは天性の才能だよ!教わってできるようなことじゃない」

などと言ってしまう。

言い換えれば、常人の域をはるかに超えたパフォーマンスに圧倒され、

それがすさまじい訓練と経験の積み重ねの成果であることが想像できないと、

なにも考えずにただ

「生まれつきの才能がある人」と決めつけてしまうのだ。

自分が「ラク」だから人を神格化する

「あまりに完璧なものを見たとき、我々は

『どうしたらあんなふうになれるのか』とは考えない。」

その代わり

「魔法によって目の前で奇跡が起こったかのごとく熱狂してしまう」

ニーチェはある言葉を残している。

「芸術家の素晴らしい作品を見ても、

それがどれほどの努力と鍛錬に裏打ちされているかを

見抜ける人はいない。

そのほうがむしろ好都合と言っていい。

気の遠くなるような努力のたまものだと知ったら、

感動が薄れるかもしれないから」

人は完璧な王者に憧れる。

当たり前のものよりも、

驚異的なものが好きなのだ。

ニーチェはこうも述べている。

「我々の虚栄心や利己心によって、

天才崇拝にはますます拍車がかかる。

天才というのは神がかった存在だと思えば、

それに比べて引け目を感じる必要がないからだ。

『あの人は超人的だ』というのは、

『張り合ってもしかたない』という意味なのだ。」

言い換えると、

「天賦の才を持つ人」を神格化してしまった方がラクなのだ。

自分が何かをやりたい、成し遂げたいそう思ったら、

まず一流の人をみたら、なぜ一流なのか、

どうしたらそうなれるのか?

その裏に隠された努力と鍛錬がどれくらいあるのか、

それを考え、自分と比較し、今足りないこと、

すべきことを一歩一歩やっていくしか方法はない。

それは、自分を変える大きな一歩になるだろう。

努力は「二重」に影響する

「才能だけでは成功できない」

「才能」と「努力」と「スキル」と「達成」が、

具体的にどのように結び付けば成功できるのか?

「才能」とは、努力によってスキルが上達する速さのこと。

「達成」は、習得したスキルを活用することによって得られる成果のこと。

各人がどれだけのことを達成できるかは、

〈才能×努力=スキル〉

〈スキル×努力=達成〉

「才能」すなわち「スキル上達する速さ」は、

間違いなく重要だ。

しかし両方の式を見ると達成するには、

「努力」が二つ必要になる。

「スキル」は「努力」によって生産的になる。

才能も大切だが、「努力」がないと達成できない。

それくらい、努力というのは、夢や目標を達成するためには、

必要不可欠だということだ。

「才能とスキルは別物だとはっきり認識する必要がある」と

ある俳優は言っている。

「だけど、一流になりたい、

 自分には夢がある、

 成し遂げたいことがあるんだ、

 なんて言っている人たちに限って、

 そのことをちゃんと理解していない。

 たしかに、

 才能は生まれつきのものだ。

 だが、スキルは、ひたすら何百時間も何千時間もかけて

 身に付けるしかない」

 さらに、著者は「スキル」と「成果」の違いも付け加えたいと述べる。

 努力をしなければ、たとえ才能があっても宝の持ち腐れ。

 努力をしなければ、もっと上達するはずのスキルもそこで頭打ち。

 努力によって初めて才能はスキルになり、

 努力によってスキルが生かされ、 

 さまざまなものを生み出すことができる。

 今の自分のままで、夢や目標は達成できそうですか?

 できなそうなら、何をすれば達成できそうですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中