「やり抜く力」の秘密

やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける [ アンジェラ・ダックワース ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/1/2時点)楽天で購入

興味のある方は、手にしてみて

目次

結果の出せる人、出せない人の違いは?

才能がある人が、必ずしも結果をだせるわけではない?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結果の出せる人、出せない人の違いは?

ある研究者が調査したそうです。

米軍陸軍士官学校の卒業生の特徴や、

業界屈指のビジネスパーソン、

アーティスト、

アスリート、

ジャーナリスト、

学者、

医師、

弁護士、

学校を卒業できる人の特徴や

修士、博士、医学士、法学士などの大学院の学位をとる人の特徴

英単語のスペルの正確さを競う大会の決勝へ進む人の特徴

などを対象に調査を行ったようです。

その中でも、周囲を驚かせたのが、

才能に恵まれている人が、

必ず成功しているわけでないという事実のようです。

脱線しますが、 以下は米軍陸軍士官学校 の一日スケジュール。

5:00 起床

5:30 整列

5:30~6:55 体力トレーニング

6:55~7:25 着替え、身支度など

7:30~8:15 朝食

8:30~12:45 訓練/授業

13:00~13:45 昼食

14:00~15:45 訓練/授業

16:00~17:30 団体競技

17:30~17:55 着替え、身支度など

18:00~18:45 夕食

19:00~21:00 訓練/授業

21:00~22:00 司令官による終礼

22:00 消灯

「ビースト・バラックス」と呼ばれる訓練のようです。

肉体的、精神的にもっとも過酷な訓練で、5人に1人は卒業前に

やめていくそうです。

話しも戻すと、

そういった過酷な環境を乗り越えられる人の特徴は何か?ということです。

調査していくと、「やり抜く力」が強い人が、

困難を乗り越えて結果を出しているそうです。

才能がある人が、必ずしも結果をだせるわけではない?

才能がある人は、その時点で勉強やトレーニングを怠る傾向もあるようです。

よって、才能があるから、必ず成功するわけではないようです。

大切なのは、「やり抜く力」だそうです。

その評価方法は、後日まとめていきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中