そもそも日本人にとって努力とは何か?

努力不要論【電子書籍】[ 中野信子 ]
価格:1540円 (2020/1/2時点)楽天で購入

興味のある人は、読んでみては。

目次

・努力中毒は、歴史が関係している?

・アメリカ整成果主義は努力を強要しない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・努力中毒は、歴史が関係している?

努力教の努力信仰というのは、結果が出るか出ないかわからない、

あるいは、出ないとわかっているのに、

努力すればなんとかなるのではないかと、

理不尽な期待をする非合理的な精神のこと。

これは、敗戦の原因にも繋がたのではないかと考えられるそうです。

よくわかるのが、第二次大戦だそうです。

アメリカは、精神論や根拠に乏しい期待感では、当然勝てるわけがない

とういうことをわきまえており、

戦争に勝つための計算を冷静にしていたそうです。

勝つという目的のために物量、補給線、戦力の配分など、

徹底した計算をしていた。

基本中の基本。目的と戦略が合致した努力ができていた。

日本はどうか?

兵士を餓死させてしまったり、

パイロットには遠距離を飛んで戦って帰ってこない

という命令を平気で出したりする上官や参謀がいたそうです。

ムリな命令をされても戦えてしまう

日本人一人ひとりの自助努力はものすごかったようです。

これら、日本がしていた努力は、

アメリカの努力とは真逆のもの。

死ぬ限界までやれば人ならざる何かが感応して助けてくれる。

そんなオカルト教団に見られる信仰心にも似た信念が、

一人ひとりの戦いを支えてくれていたようです。

そして、この精神性は厳然として現代でも生きていると著者は述べています。

甘美な「ポエム」で人を鼓舞し、

人を使い捨てにするよな企業が存在していると。

そこから、我々は学べなければいけないと思った次第です、、、、、

・アメリカ整成果主義は努力を強要しない

今から20年ほど前、バブル景気あたりまでは、

日本の会社の雇用形態は、終身雇用、年功序列が当たり前。

そうした環境下においては、

目立つ結果を出していなくても、

クビを切られるリスクは、今よりはるかに少なかったそうです。

しかし、現在はアメリカ式の成果主義が輸入され、

結果が重視されるようになってきてたのは、

確かに私も感じます。

そして結果を出すために、経営者は社員に尋常でない努力を

要求するようになりました。

不景気ですし、

営利目的なのだから成果主義に目が向くのは仕方がない、、、

しかし、本来の「成果主義」は決して努力を強要するものではないようです。

日本人からすると、アメリカの企業は成果が出ない人間を

すぐに切り捨てているように見えます。

しかし、彼らが人を解雇するときの考えは、

日本の企業が人を解雇するときよりもずっと軽い意味を持つそうです。

このような感じのようです。

「彼はこの仕事に向いてないんだろう。

 ほかの仕事をやったほうがきっといいはずだ」

一方、日本企業だと、

解雇する・されるというのはたいへん重い意味を含んでいて、

一度クビを切られrたら、「あいつはダメなやつだ」「オレはダメなやつだ」

思われたり、思ったりしてしまいます。

さらに、アメリカ社会は日本人が思うより

セーフティーネットはしっかりしているそうです。

地域共同体が、とくに都市部ではほとんど壊滅状態の日本と比べると、

キリスト教コミュニティが存在する分だけセーフティーネットが機能しているようです。

いくらクビを切られてたとしても、

別にダメ人間という烙印が押されるわけではなく、

まだ自分にはほかの役割がいっぱいあるはずだという思考ができるそうです。

一度失敗したら「あの人はどこへ行ってもダメなんだ」という烙印が押される日本と、

「ああ、あの会社とは合わなかったんだね」というふうに認知されるアメリカとでは、

社会の基本構造からしてまったく違うようです。

しかし、日本は「アメリカ企業は簡単にクビを切る」という一面だけを切り取って

成果主義を輸入してしまったようです。

まとめ

「1回の失敗が1回の失敗でしかないと思われる国」と

「1回失敗したらもう人生終わりと思われてしまいかねない国」

という、そもそものコンテクストの違いがあるのに、

アメリカ社会の成果主義の一面がだけが、クローズアップされたので、

おかしな結果が出てしまったようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中