あなたの望むことは? はっきりしてる?

自動で夢がかなっていく方法

昨日、投稿した記事で、

網様体賦活系は、ものすごい大切だということが分かった。

なぜ、成人した人達が自身の夢を実現できないのか、、、

そもとも夢を持って生きているのか、、、

良い人生を歩んでいる人はどれくらい いるのか、、、

なぜ、不満を抱えながら生きている人が多いのか、、、

教育システムや、社会背景、家庭環境いろんな問題はありそうだが、、、

未成年の時は、教育、家庭環境いろんな理由のせいにできるけど、

それを超えた成人は、自身の責任でいきていくべきだと思う。

良いことも、悪いこも、すべて自身が選択したことなのだから、、、、

ただ、こんな環境で育った人はしょうがなかい、、、

網様体賦活系(RAS)に繰り返しプログラミングされてしまったのだがから、、、

・もう大きんだから、ちゃんとしなさい

・恥ずかしくないの

・わがままなんだから

・がまんしなさい

・悪い子ね

・言われたことをしなさい

・ダメなことはだめ

・言うこと聞けないなんて、ダメな子ね

こんなこと言われ続けた環境で育った子は、思春期に入るころには、

ほとんどが周囲の人の要求に従うようになる。

子ども時代の伸びやかさや夢は押しつぶされ、跡形もなく失われる。

十代の終わりに近づくと、何でも大人の望み通りにするようになる。

まわりに言われた通り、言われたことが自身のすべてのような話しかたで、

それから外れる他人は、悪のような口ぶり、、、

本当につまらない人達だ、、、

関わりたくない、、、

そういう環境で育ったのは、しょうがないけど、、、

周りへ悪影響をまき散らすことはしないでほしい、、、、

目的がないなら、自分で見つければいい、、、

見つからない原因も人のせいにするのは、ほんとうに勘弁だ、、、

他人の期待に応えることばかり、考えている人生など意味がない、、、

自分が苦しみ、不幸になるだけだ、、、

人が自分の思いに従って、やりたいことに情熱を傾けることができたとき、

世の中の人は、たとえその思いに100%賛成できないと思ったとしても喝采を送る。

失敗したって、途中で挫折したっていい、、、、

自身のやりたいことを、行動に移せないことのほうが、

よほど意味がない。

自身の身の回りで起きていることを、他人のせいにして、なんになるのだろうか

自分は意味のない人間、死ぬことも他人に受け入れらないから、

そんなことを考えるヒマがあるのなら、自身の成長を考えろ、、、

やりたいことを見つけて没頭しろ、、、

そっちのほうが、よほど意味があり価値を見出せる、、、

その内、必要とされ、評価もされる人になるだろう、、、

ただ、その自身がない、勇気がない、失敗が怖い、、、

言い訳ばかりのクソ野郎が何言ったって、

認められないし、認められるわけがない、、、

そんな奴の周りからは、自然と人は避けるようにいなくなり、

さらに孤独になるだけだろう、、、

それもまた、他人のせい、、、、、(無限ループ)

周りに変化を求めるな、自身が変われ、、、

それが一番楽な道、生き方なんだから、、、

それを払拭したいらな、、、

まずは、自身のやりたいことを探す、考える、、、

やりたいことをはっきりさせる。

どうすれば達成できるのかは、RASに任せておけば、その内、自然にかわる、、、

そうすればいいのか?はあとで考える。

他人からやりたいことは?って聞かれたら、すぐ答えられるくらいになるまで、

自身の中に、やりたいことが染みつくまで、方法は考えない。

そこまで自己暗示できれば、あとは勝手に進んでいくから、、、

やりたいことを書き出すときは、手書きにしたほうがいい、

キーボードタイプでまとめる時より、42%達成率が上がる

そして、とにかく行動に移せ、、、

そして失敗したら、喜べ、、、

なぜか、成功者達の共通点、、、

若いころの失敗経験がものすごい豊富、、、、

これは、つまり、いろんなことに挑戦し、行動し続けたということ

他人のせいにするヒマがあるのなら、とにかく行動に移せ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中