四季報から10倍株を見つけ出す方法 ポイント③

資産運用にトライしたい。なにすればいいの?

先日、資産運用なにから始めればいいのか

という記事を投稿した。

その中で、四季報からいい株を見つけ出す方法があると投稿した。

以下の4つが、あるのだが、今日はその内の1つについてまとめる。

ポイント①:成長性を示す「増収率」が高い

ポイント②:稼ぐ力を示す「営業利益率」が高い

ポイント③:オーナー経営で筆頭株主

ポイント④:上場5年以内

以下の著書に記載されているので、興味があれば、読むのもあり

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方 [ 渡部 清二 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/11/17時点)楽天で購入

オーナー社長のオーナー企業をみる理由。

事業が軌道に乗っているときはトップダウンで迅速に意思決定が行われ、

すばやく行動できることから、他社に先んじて市場を制することができる

見つけ方

四季報の【役員】欄にある社長もしくは、会長の名前が

【株主】欄の上位株主にあることだそうだ。

著者の経験則では、

株価が右肩上がりの企業には、

創業者もしくは創業家出身の経営者が株主1位の筆頭株主、

という共通点があるようだ。

注意点

①筆頭株主が過半数の株を所持していないケースで、うまくいっていることもある

②筆頭株主の人物が把握できない場合

③売ることを前提としている投資ファンドが筆頭株主

④オーナー一族の名前が上位に並ぶ場合は、相続対策の可能性もある

「オーナー経営者で筆頭株主」というポイント③は、

リスクも結構高いため、

株を購入する場合のチェックポイントとしては、参考程度がいいと思った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中